「にじのたね」

http://kodomo-fes.jugem.jp/

このフェスがすばらしいのは
お父さんやお母さんたちが
手作りで企画、運営をしているところ
そしてこどもたちもきっと
そんな大人をそばで見つめながら、
からだいっぱいあそびながら、
準備を進めているのです

伝え方が下手だったり、技術が未熟だったりするので、
大人の方々のご理解を得るのが
難しいこともあるもび

お父さんやお母さんにお声をかけていただけたことを
とてもうれしく思います

今回もびは
「やってみたくなる」の楽しい波で
ありたいと思っています
いつだって
もびがだれなのか、
いったいどこまでもびなのかは、
だれにも決められなかったはず

「楽器にふれよう」ブース
「衣装をつくろう」ブース
ふたつはちんどんパレードの準備をする場所

表現のみんな、カメラマン竜くん、
お母さんダンサーみずきさん、まくらとジョーロのきっしー、
そして衣装ブースに滝瀬さんをお迎えし、
その他にもたくさんの方々とつながりながら
奔放な波をいくつもつくっていきたいと考えています

みなさまのご来場お待ちしております
a0118526_01571.jpg


おやこフェス
にじのたね
上野水上音楽堂

2010年8月25日(水)
開場 14:00
開演 14:30
終演 19:00

大人 前売1500円
当日1800円
中高生 前売500円
当日800円
小学生以下は入場無料
☆缶バッチチケット

にじいろ食堂!
かき氷ふるまい!
こどもワークショップ!もあります

***

タイムテーブル

オープニング・表現・もび・カポエラ
2:30~ピラミッドス
2:55~momo椿・風色・エスパルタコ
3:20~オイリュトミー
3:35~パントマイム
4:00~菅尾なぎさ
4:25~naph

休憩
ワークショップ

5:15~もびちんどんパレード
5:40~YOYA
6:05~オイリュトミー
6:25~表現・田山明子
エンディング・うたねっこ

みなさんゆったり楽しんでいってください


ワークショップ!!

もび
楽器にタッチ
衣装をつくってみよう
そしてちんどんパレードへ出かけます♪

あし絵
みんな裸足になって足でおもいっきり 大きな大きな紙に描こう!

カポエイラ
カポエイラのかんたんな動きをやって みんなで輪になってゲームを実践してみよう☆

汗&絵の具があるので着替えの用意はお願いします!
[PR]
by mobikki | 2010-08-25 00:29
参加してくださった子どもたち、保護者の方々、アーティストのみなさま、ありがとうございました

ご報告をあらためてさせていただきます!
[PR]
by mobikki | 2010-08-25 00:11
a0118526_640120.jpg
ブログの更新が滞ってしまいごめんなさい!
急な坂ワークショップがいよいよ今日、明日と開催されます。

たくさんのご応募、本当にありがとうございました。
もびを良い状態で体験していただくためにも定員をもうけ、
やむを得ず抽選をさせていただきました。

今回のワークショップに来ていただけなかったみなさま、
まもなく秋もび、冬もびのご案内をさせていただきます。

かならず、どこかでお会いしたいです。

もう一点、

当選の方にお送りした通知はがきに、
日程の誤りがありました。

お詫びして訂正いたします。


19日(水)、20日(木)

18日(水)、19日(木)

大変申し訳ありませんでした。

***
今回のメンバー

あだち麗三郎
阿部理沙
石原晶子
小田富美子
岸洋子
佐藤公哉
鈴木竜一朗
住吉梨紗
西井夕紀子

***
もびの「急な坂ごろごろアーティストたんけん」

急な坂スタジオの中をたんけんして、ふしぎアーティストたちにそうぐう。この人は、いったいどんなことをする人?あそんでみなきゃわからない!楽器、からだ、絵の具などを使ってセッション(アーティストとあそぶ)し、自分のお気に入りを見つけたら、みんなの表現がまぜこぜの発表会を作ってみましょう。
※2日間連続プログラム。
1日目は弁当持参。保護者同伴不可。
2日目は昼食なし。保護者同伴可。
10名
1日目
10:30~13:30
2日目
10:30~12:00
急な坂スタジオ
電話:250-5388

横浜市子どもアドベンチャー
http://www.city.yokohama.jp/me/gakusyu/adv/
[PR]
by mobikki | 2010-08-18 06:36
と・こんさーと前日、小田さんとDoppelzimmerをききにいきました。
谷中ボッサ、とても久しぶりです。
懐かしい、大学近くの散歩道を通ります。

並びにある角のカバヤ珈琲は、なんだか中が白く明るくなっていました。

一度だけお店で珈琲をいただいたことがあったけれど、その頃とはガラス越しに見える店の趣がずいぶんと変わっていました。
どっしりと深い茶の奥行きで、常連らしくゆったりと腰かける人、新聞に目をやる人、お年をめしたお客さん、そしてお店の方のことがふわっとよみがえってきました。

Doppelzimmerのようこさん、大事な研究発表前日のため、やむを得ず出演できなくなってしまいました。私が最近のさまざまな公演に手一杯になり、急な依頼をしてしまいごめんなさい、そして検討してくれてありがとう。また一緒にやろう、とわかれ、店を出ます。

予定を変更して、演奏は麦と私で演奏することになりました。
お客さんとして来てくださった、志保さんにも歌をお願いしました。

とても緊張したけれど、私自身、演奏できることを素直によろこびとして感じた日でした。

コンサートにはご近所にお住まいの大人の方2人と、それから、TOCOで何度か会ったことのあるサッカー帰りの小学生1人が来てくださいました。

有名な曲をたくさんやって、気がついたらみんな歌っていました。小田さんが歌詞を書いて壁にはったり、お客様に配ったりしてくださいます。

サッカー少年は開演1時間前からふらりとやってきて、ほとんどすべての楽器を演奏、そのまま本番にも参加してくれました。
それから、男性が最後に麦のギターで、今日の日はさようなら、を奏で、歌ってくださいました。

なんだかそんなことが起こる瞬間がとても自然で、自然というのは境目がなくて、胸が熱くなりました。まさに今、歌が発生している、という感じ。


私の中に生まれつつある音楽への信頼、そこには誇示するものは何もなくて、新しいことは何もありません。わたしたちはこんなすてきな時間を、アートのもの(所有物)と勘違いしてはいけないとあらためて思います。これは発明じゃなくて、きっと昔からあったね。
TOCOに感謝、暮らし、つくり、となりあい、とおりすがる。

と・こんさーとをはじめてよかった。
これは自分にとって確実に、続けていきたい活動になりつつあります。


今回のメンバー:
古川麦
新美志保
西井夕紀子
小田富美子

会場:
門脇真由子

ポスター:
門脇真由子
住吉梨紗


最後に麦へ
ありがとう

a0118526_22582996.jpg
a0118526_22584681.jpg

[PR]
by mobikki | 2010-08-18 06:17 | いもび