2010年1月31日(日)
川崎市アートセンター
こどものためのワークショップシリーズ『アートセンターであそぼう!』Vol.4
もびのがらんごろんレストラン おいしい音楽隊をつくろう

***
世界の認識の仕方はひとつじゃない。伝えたい、わたしにとって大事なことはたしかにあるけれど、それだけではつまらなく思う。
全部になれないものであふれさせて、いつでも確信できずにいたい。
a0118526_150362.jpg
a0118526_1564233.jpg
a0118526_157542.jpg
a0118526_1571351.jpg
a0118526_1572034.jpg
a0118526_158498.jpg
a0118526_1585767.jpg
a0118526_159476.jpg
a0118526_1591153.jpg

a0118526_1594448.jpg
a0118526_1595023.jpg
a0118526_1595751.jpg
a0118526_15101471.jpg
a0118526_15102388.jpg
a0118526_15103273.jpg
a0118526_15412641.jpg
a0118526_15375096.jpg

a0118526_1541510.jpg
a0118526_15411813.jpg
a0118526_15104317.jpg

a0118526_15361091.jpg
a0118526_1536117.jpg
a0118526_15355315.jpg
a0118526_22283684.jpg
a0118526_15351741.jpg

a0118526_1535684.jpg
a0118526_15345648.jpg
a0118526_15343428.jpg

a0118526_15335424.jpg
a0118526_1533434.jpg
a0118526_15333595.jpg
a0118526_1533236.jpg
a0118526_15331370.jpg
a0118526_1533098.jpg
a0118526_15324883.jpg
a0118526_15323582.jpg
a0118526_15322342.jpg
a0118526_1532995.jpg

a0118526_15245361.jpg
a0118526_15244476.jpg
a0118526_15243357.jpg
a0118526_15242440.jpg

a0118526_15125427.jpg
a0118526_15124629.jpg
a0118526_15123934.jpg
a0118526_15112864.jpg

a0118526_15241479.jpg
a0118526_1524239.jpg
a0118526_15234937.jpg
a0118526_1523335.jpg
a0118526_15232173.jpg

a0118526_15414329.jpg
a0118526_15144521.jpg
a0118526_1514342.jpg
a0118526_15142597.jpg
a0118526_1514758.jpg
a0118526_15134823.jpg

a0118526_15365411.jpg
a0118526_153729.jpg
a0118526_15371011.jpg
a0118526_1537205.jpg
a0118526_1537276.jpg
a0118526_15373528.jpg
a0118526_15374236.jpg

a0118526_15413425.jpg
a0118526_15415954.jpg

a0118526_15105182.jpg
a0118526_15121822.jpg
a0118526_15123098.jpg
a0118526_15114083.jpg
a0118526_15115039.jpg
a0118526_15115849.jpg
a0118526_1512873.jpg

a0118526_15105998.jpg


がらんごろんレストランには、大人の力がつよく働いていた。
大人の表したもの、大人が動かされている時間の流れを、子どもたちは冷静に手にとって見ているようだった。個々人とそのときどきの空気の空想や表出が、がろんごろん、素材のまま転がっていて、わたしたちはそこを不安げに歩く。
あたりまえのことをおそれずにやっていたい/その中に表現の輝きを紛れ込ませたい
いつでも迷いがある。

ジャンベのようなものが生まれていく。
彼が選んでいるようす、うまくいかないようす、それらを横でじっと見たり途方にくれると口を出したりする時間が、もどかしく幸せだった。
最後の最後まで帰らずに「天ぷらが揚がる音」と聞かせてくれた発明は、アートセンターの職員の方が呼び戻してくださらなければきくことができなかった。

音の出ないうつくしい楽器。
マイクをかたむけると、午後の光にただきらきらとしている。

ママさんが、アイデアと、経験と、食べることや食べる人に対するあたたかい気持ちを込めてつくってくださったおひるごはんは、音の片で編みこまれたすばらしい料理だった。

***
アートセンター・カフェアルテにふたたびもびを引き合わせてくださったみさこさんと職員のみなさん、チラシづくりから当日まで、笑顔とふしぎな生き物たちで包んでくださったこのみさん、音響、撮影、DVDづくりまであらゆる形でサポートしてくださった須藤くん、がらんごろんレストランの歴史を言葉の力で紡いでくださった鴨志田くん、子どもたちとの懸け橋になってくれたテーマソング作曲のしらふさん、ライブに協力してくれたみなさん、いつものもびのみんな、本当にありがとうごさいました。

撮影/鈴木竜一朗
[PR]
急な坂スタジオで行われた、横浜市子どもアドベンチャー
「もびのまはらじゃ遠足」の様子をご報告します。

1日目は6名の方が参加してくださいました。

ロビーまで音楽隊がお迎えに行き、階段をのぼると…
布、紙、書くもの、楽器やなぞの線が散らかるホールに突入
子どもたちはどんなものがあるのかひとつずつ確かめているようでした
まずは名札作り
a0118526_14182818.jpg

そして、まはらじゃ遠足のための巨大敷物作り
1日目はまくらとジョーロのきっしーを筆頭に
走り回っている人が多かった気がします

偶然に生まれた遊びを膨らましたり、
横で眺めながら違うことをしてみたり、
最初から全部ある、手に取り、手放す、
最初はなかったものを考え出す、
もびでは想像のつかない、コントロールもできない空間作りを目指しました
a0118526_14182077.jpg

もう少しで完成
a0118526_1418617.jpg

できた敷物の上でご飯を食べたら、楽器を持って公園へ!
風呂敷にもたくさん包みました
a0118526_14175561.jpg
a0118526_14173517.jpg

ダンスチームと音楽チームが混ざります
a0118526_14153987.jpg

突然現れたまはらじゃ飛行船にみんなであいさつをすると…
近くまで飛んできた!大興奮です
a0118526_14172479.jpg

木陰に敷物を置いて
a0118526_14152191.jpg

広場でダンスと音楽
公園で出会ったおじさんも、ダンスダンス
a0118526_14165242.jpg

a0118526_14153160.jpg
a0118526_14164110.jpg

遠足の記念写真を撮ったら
a0118526_14155955.jpg

のんびりと帰り道です
a0118526_14154873.jpg


-2009年8月19日の もびメンバー-
音楽家:西井夕紀子 あだち麗三郎 佐藤公哉(表現) 高城晶平(cero) MC.sirafu(片想い)
ダンサー:石原晶子・岸洋子(まくらとジョーロ)
俳優:住吉梨紗
画家:小田富美子
[PR]
2日目は、16名の方にご参加いただきました。
「明日も来ていい?」と、2日間続けて来てくれた人も!
本当にありがとうございました。

今回のもびの特徴は、
言葉でのコミュニケーションをメインとしたところです。

まはらじゃ遠足についての説明。
a0118526_1516349.jpg

絵描きの小田さん特製「まはらじゃ遠足のしおり」
「ひみつの地図」がどんなだったかって…ひみつです
a0118526_15153352.jpg

大人数でできるゲームからスタート
a0118526_1515255.jpg

布おばけに挑戦
a0118526_15173642.jpg

巨大敷物作りにとりかかります
a0118526_15151891.jpg

楽器に夢中な人もいました
a0118526_15183858.jpg

敷物からロケットが生えている!
息を吹き込むと先端がひゅうと飛び出る仕組みをつくりました
撮影に来たはずのしほさん、いつのまにか夢中でした
ありがとう
a0118526_15184769.jpg

みなさんの絵がつぎはぎの、座るにはもったいない敷物ができてゆきます
a0118526_15185838.jpg

再び楽器をさわってみる様子
a0118526_15144754.jpg

まはらじゃ国のあいさつで「いただきます」をやってみる
まくらとジョーロのあっきーは、からだでたくさん話をします
a0118526_15171522.jpg

一日目と同じように、敷物でお弁当を食べたら、公園まで出かけます
気に入った楽器と、もちろん手作り敷物を持って

道で出会った人に、「がんばってください」と応援の言葉をいただきます
a0118526_1517371.jpg

ダンスや演奏の様子、真夏のまはらじゃ遠足でした
a0118526_1515392.jpg
a0118526_15162772.jpg
a0118526_15163746.jpg
a0118526_15164827.jpg


参加してくださったみなさん、保護者の方々、急な坂スタジオスタッフのみなさん、
もびのみなさんも、
ありがとうございました

(撮影 細川浩伸)

-2009年8月20日の もびメンバー-
音楽家:西井夕紀子 あだち麗三郎 佐藤公哉(表現) 高城晶平(cero)
ダンサー:石原晶子(まくらとジョーロ)
俳優:住吉梨紗
画家:小田富美子

スペシャルサンクス:にいみしほ さん(写真家)
[PR]
世田谷文学館でのもびワークショップ「パフォーマンスにふれよう」、
みなさんのあたたかいご協力の中終えることができました。

もりだくさんの一日でした。

*からだを動かす*
サロンでゲームをした後、もびメンバーのまねをしながら文学館の中を探検。
静かな展示室や普段入ることのできない中庭、レストランも変なポーズで通過しちゃいました。

*楽器のおばけ登場*
楽器のおばけがお昼の時間をお知らせ。

*お昼*
巨大ブルーシートを敷くのに大はしゃぎ、その上でお昼ごはんを食べました。

*音と絵の時間*
グラスハープの音に囲まれながらもびによる絵本の演奏がスタート。
子どもたちは大きな紙に絵を描いたり、楽器に触ったりしていました。

*パフォーマンスの時間*
楽器を演奏しながら外を散歩。
文学館のオフィスにもおじゃましました。

*片付けの時間*
使ったものを片付けたり、みんなで描いた大きな絵を壁に張ったりしました。


実際にはもっともっとたくさんのことが同時に起こっていました。
もびのメンバーがそれぞれに子どもたちと向き合っていました。

記録用の撮影に入ってくれたお二人、見学の方々も、遊びの中に自然に溶け込んでくださって、本当に嬉しかったです。

参加してくれた子どもたち、文学館のみなさん、スタッフのみなさん、もびのみなさん、
ありがとうございました。

にしい
[PR]