わたしがアトリエとして使っているよこはまばしアートピクニックTOCOで、もびをはじめます。

第一回は、同じくTOCOをアトリエにし、制作を続けていらっしゃる小田富美子さんのご協力を得て、彼女の個展会期中に行います。

メンバー:
西井夕紀子(音楽家)
小田富美子さん(絵描き)
石原晶子さん(ダンサー)

日時:
4月11日(日)
12〜14時くらい→13時くらい〜15時くらい

もちはこびのもびがお家に住んだらどうなるのでしょうか。

***
小田さんの作品は日々呼吸しながら、その姿を鮮やかに展開させています。
ぜひみなさんにみていただきたい展示です。
クロージングセッションでは、音でお手伝いさせていただきます。

以下 Fumiko Oda Portfolio より。

***
口日昌晶

小田富美子公開ドローイング制作展
2010年4月7日(水)~4月25日(日)12:00~19:00(月曜休)
よこはまばしアートピクニックTOCO (TEL:045-516-9751)
〒232-0022 横浜市南区高根町1-4
アクセス:横浜市営地下鉄ブルーライン 阪東橋 徒歩2分
京浜急行本線 黄金町 徒歩7分

オープニングセッション
4月10日(土)18:00~
音楽家・古川麦と音楽とドローイングのセッション。

クロージングセッション
4月24日(土)18:00~
としてダンサー・振付家の酒井幸菜とダンスとドローイングのセッション。
入場料1,000円ワンドリンク込み。
ご予約はarttoco@gmail.comまでメールにて受付。
ご希望のお日にちとお名前を記載の上ご予約ください。
[PR]
川崎市アートセンターのカフェ・アルテにて、
カフェのママさん特製、音の出るお昼ごはんつきワークショップ。
最近もびは、いろんな角度から生活につながっていく感じがあります。
数年前なら疑問があってできなかったことにも取り組んでいます。
というのは多分、
アートでなくともいい、や、大いに普段のことであるアート、
から不自然さが消え、実感が伴ってきたからかもしれません。

15時よりもびライブあり。
鴨志田くんのショートストーリーの中で遊ぶ予定。
たのしみ!
遊びに来てくださいね。


【参加予定のメンバー】

あだち麗三郎(音楽)
鴨志田新悟(言葉)
岸洋子(からだ)
佐藤公哉(音楽)
鈴木このみ(美術)
西井夕紀子(音楽)
古川麦(音楽)
MC.sirafu(音楽)

ほかライブにスペシャルゲスト


***

こどものためのワークショップシリーズ『アートセンターであそぼう!』Vol.4

もびのがらんごろんレストラン おいしい音楽隊をつくろう


一緒においしい音楽隊をつくりませんか?
身のまわりにころがる素材を自由にえらんで、
きったりまぜたりふったり…。
まるで料理をつくるようにおいしい音をつくります!

小学生1年生から3年生までの皆さんを対象にしたワークショップ。ご応募をお待ちしています。

日時:2010年1月31日(日)10:30~15:00(受付は10:10から)
会場:川崎市アートセンター3F コラボレーションスペースほか
対象:小学1年生~小学3年生(お子様だけで参加していただきます)
募集人数:10人(定員を超えた場合は抽選)
参加費:1,000円(お昼ごはん付き・保険料/税込)
持ち物:空のペットボトル数本(サイズ自由)←音の出るおもちゃをつくります
[PR]
「もび」が世田谷文学館でワークショップをさせていただきます。

今回のメンバーです。

あだち麗三郎 (音楽)
阿部理沙 (映像)
小川武 (美術)
酒井幸菜 (ダンス)
佐藤公哉 (音楽)
鈴木竜一朗(写真)
西井夕紀子 (音楽)
古川麦 (音楽)

いつもいつも感謝の気持ちでいっぱいになるのですが、
もびに参加してくださるのは、それぞれに豊かな表現活動を行っているアーティストたちです。

彼らと子どもたちが出会う時間がとても好きです。
誰よりも彼らとクリエイションを重ねられることを幸せに感じているのは
私だろうなぁ、とも思います。

「遊び」から「想像/創造」へと一歩踏み込むことが今回の挑戦になりそうです。
生まれては消えてゆくパフォーマンスに映像の視点をまじえることで、
客観視や工夫がなされるといいなと思っています。

***
世田谷文学館 土曜ジュニア文学館
「ことのは はくぶつかん」2009年後期(連続講座)

小中学生対象のワークショップです。
「ことば」にまつわる4つのプログラムを連続して体験することで、
言語感覚を中心に幅広く感性を育むことができます。

■2010年1月30日(土)10:30~15:30
【タイトル】ことばとからだ ―「パフォーマンスにふれよう(仮)」―
【講師】西井夕紀子(もび主宰)+もび(音あそびパフォーマンスグループ)
【内容】お話や詩の「ことば」を、からだで感じて表現します。
[PR]
お母さん、お父さんダンサーさんと、ちいさな表現の芽がちりばめられた部屋を立ち上げる企画です。

先日のリハーサルでは、もびのがらくたな音が鳴ると、こどもたちも楽器をどんちゃんピー、
音にのってお母さんが踊り、お父さんが踊り、楽しくなってこどもたちも思わず踊りだしました。

はっきりとした流れはないのですが、こどもが見つけた遊びの中におとながうもれてみたり、そこからひろがったつづきの世界を、一緒に楽しんだりしてみたいです。

ご近所の方はぜひお立ち寄りくださいね。
昼の部のもび、夜の部の演奏、ともにお楽しみください。

*****

2009.11.14 (Sat)
『文の音 〜第二回 秋の号〜』
@根津、不忍通りふれあい館 B1ホール
ふれあい館、地図はこちら>>

昼の部 「のねのねもびのね」13:30〜16:00までオープン

もび は、芸大卒業生を中心にはじめられた、こどものためのもちはこびパフォーマンスグループです。

「文の音」では、13:30より夕方まで、おとやからだにおける発見がころころころがったお部屋をオープンします。こどもたちがダンサーや音楽家や、いろんなアーティストたちと一緒に遊べる空間。

今回は地元のお母さんダンサーとのコラボレーション企画。
絵本のせかいをのぞいてみる時間も予定しています。

いったいどんなことが起こるのでしょうか?
お子様連れでもお一人でも、お気軽に遊びに来てください。



夜の部  「音楽会」
18:00開場 18:30開演

谷根千や東京芸大ゆかりの音楽家たちによる演奏会。今回はダンサーの参加も多くなっています。

出演:

・枻川 真理子  小笠原沙慧  郡司敦

郡司敦作曲によるダンスを含めた三重奏曲「ふれる」。今回は作曲家自身のピアノで奏されます。

枻川 真理子(かじかわ まりこ) モダンダンス
1991年よりダンスを習い始め、若松美黄、津田郁子に師事。ダンスと共に物事を捉える楽しさに惹かれ、創作を開始。
若松・津田自由ダン スカンパニー所属。創作、作舞、そして舞い手として向き合っている。

小笠原 沙慧(おがさわら さえ)箏
6歳より箏をはじめる。NHK邦楽技能者育成会卒業。現在、各種イベント、コンサート、テレビ等出演、

学校公演、音楽授業他。NHKチャリテイ事業参加。かわさき音楽交流協会代表。音楽工房TACT代表。

郡司 敦(ぐんじ あつし) 作曲・ピアノ
東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。同大学院修士課程修了。これまでに作曲を 佐藤眞、西岡龍彦、福士則夫の各氏に師事。
東京成徳短期大学非常勤講師。
音楽の発信スペース「FANARKY」を主催する。
今回は筝とコントラバスと存在のための三重奏「ふれる」をピアノに編曲し演奏する。
          
http://www.fanarky.com


・yoya(ギリシャギター・ブズーキ)

1971年埼玉県生まれ。ギリシャギター(ブズーキ) とコンピュータでのサウンドコラージュを得意とする。
若林忠宏氏に師事、ギリシャ楽団ヴィーシェにも参加。
間間間(さんげんま)、谷中初音の森、東京聖てもて教会など、谷根千界隈での演奏も頻繁に行う。
最近は酵母を育ててのパン作りにはまっているそう。

http://sound.jp/baobabu/prof-YOYa.html


・表現(hyogen)

権頭真由(アコーディオン/ボーカル)、佐藤公哉(ヴァイオリン/ボーカル)、園田空也(ベース)、古川麦(クラシックギター/ボーカル)
による4人組アコースティックバンド。
東京藝術大学にて出会い、膨大な即興演奏の中から楽曲を立ち上げて演奏する。
第二回となる文の音を主催。

http://sound.jp/hyogen/


・でーだらぼつりヌす

名曲喫茶ライオンを半ば切り盛りするピアニスト森こうじろうと、日本を代表するバンド「渋さ知らズ」で日夜踊りさ迷うダンサー霜村佳広。
そしてコンテンポラリーダンスの異端デュオ「まくらとジョーロ」で活躍する岸洋子による、クラシックmeetsダンスのパフォーマンスグループ。
向丘にて他6人と共同生活中。


チケットは昼夜共通、受付後は入退出自由です。
一般¥2000
地元の方は家族で¥1000
芸大生は一人¥1000となります。

   
場所:文京区不忍通りふれあい館 B1ホール(根津駅より徒歩2分)
お問い合わせ/チケット予約: 
【e-mail】 b1.hyogen@gmail.com
【お電話】 090-9518-8661(佐藤)
[PR]
お申込みいただいたみなさま、ありがとうございます。
お会いできるのを楽しみにしています。
当日の参加も大歓迎です。
お気軽にお越しください(お弁当・お飲物を持ってきてください)。

*****
パフォーマンスをつくろう『もびのまはらじゃ遠足』

こどものいるところに、表現の編み目でとびこんできた「もび」、夏のワークショップ。

急な坂スタジオの大きなホールで、「からだ」や「音をだすこころとからだ」をほぐし、
生まれてきた感覚をひきさげて、野毛山公園まで出かけます。
「あそぶこと⇔あらわすこと⇔みること⇔みられること」を縦横無尽に楽しむ、
もび のワークショップです。

※本事業は横浜市、横浜市教育委員会の主催による「子どもアドベンチャー2009」の一環として行われます。

【日程】
8月19日(水)10:30~13:30(定員:15名・保護者含まない)
8月20日(木)10:30~13:30(定員:15名・保護者含まない)
※お弁当持参

ワークショップ内容(予定)
①遠足の準備
②からだのあいさつ
③からだの音をだす
④お昼ごはんを食べる
⑤外へ出かける

【料金】 無料
【対象】 小学校低学年向(お子様だけで参加していただきます)
【会場】 急な坂スタジオ

【出演者】 もび
-今回の もびメンバー-
音楽家:西井夕紀子 あだち麗三郎 佐藤公哉(表現) 高城晶平(cero) MC.sirafu(片想い)
ダンサー:石原晶子・岸洋子(まくらとジョーロ)
俳優:住吉梨紗
画家:小田富美子
[PR]
今年も急な坂スタジオで夏のワークショップを行うことになりました。
急な坂スタジオは、ダンス・演劇の創造の場です。
稽古場として舞台芸術を育むだけでなく、様々な企画で作品やアーティストを街、社会へと発信しています。

そんな急な坂スタジオで、もびは、からだを動かしたり音を出したりすることを体験する人々の集まりが、一つのパフォーマンスを成していくようなワークショップを計画しています。
ホールでダンサーや音楽家と遊んだ後、「もびのまはらじゃ遠足」と題して、野毛山公園まで出かけます。
今回はお昼ご飯も一緒に食べます。

ところで
「まはらじゃ」ってなんなんでしょう!

往復ハガキでのご応募となります。
7/31消印有効です。小学生のみなさん、お待ちしてます。
(毎日めまぐるしく、ぼーっとしてたら締切間近…すみません)
追加募集期間もあるので、またお知らせします。

詳しくはこちらをご覧ください。
もびのまはらじゃ遠足
a0118526_15195466.jpg

写真:2009年2月世田谷文学館「土曜ジュニア文学館」 撮影/鈴木竜一朗
[PR]
2008年5月、川崎市アートセンターで行われた
「ダンスたんすタンツェパンツ」の主題歌?が
着うたフルでダウンロードできます。
5月限定です。

…めずらしいかんじ。
もびたちはテンション上がっています。

★携帯で直接URLを入力していただくか
 http://full.besthit.jp/haikou/index.php

★QRコードでアクセスして
a0118526_1552423.jpg










着うたフルのページから
入会の手続きをするとダウンロードできます。
月額525円かかってしまいますが、
その他廃校フェス参加アーティストの曲もとり放題みたいです。

もびの着うた。
この機会にお試しくださいね。
[PR]
夜の高円寺
大人の方々
お待ちしてます

a0118526_107488.jpg
a0118526_108269.jpg
a0118526_1081755.jpg



【東京の演奏3】

出演:
ファンタスタス/cero/表現+もび/まめっこ

表現ともびの出演者:
あだち麗三郎
石原晶子
岸洋子
佐藤公哉
園田空也
西井夕紀子
古川麦
そのほか

とき:
OPEN 18:30
START 19:00
AD\1500  DOOR\2300(1D)

(20:45~出演します)

ところ:
U.F.O.CLUB

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 1-11-6 ハーモニーヒルズB1F
TEL/FAX 03-5306-0240

営団地下鉄 丸の内線 東高円寺駅下車・徒歩3分
JR高円寺駅下車・徒歩20分
青梅街道と環七通りの交差点(高円寺陸橋)
ファミリーマートB1F
[PR]
明日からライブハウスもびのための練習がはじまります。
もう子どもって歳でもない人々にもび、どうなるかなー!


【東京の演奏3】
3/20(金) @高円寺 U.F.O.CLUB

ファンタスタス/cero/表現+もび/まめっこ
OPEN 18:30
START 19:00
AD\1500
DOOR\2300(1D)

U.F.O.CLUB


【廃校フェス2009】
5/6(水) @芸能花伝舎(旧淀橋第三小学校)

廃校フェスオフィシャルホームページ
[PR]
もびは4年目を迎えました。
本当にたくさんの人に出会ったなぁ。
ありがとうございます。
もう一度、ありがとうございます。

にしい
[PR]