学ぶ

9月26日(土)

たまごの会さん主催の、日常生活におけるマナーなどを学ぶ講座に演者として参加させていただきました。

ダンサーのあっきー、俳優からは梨紗と、今回初めて綾田さんにもご参加いただきました。
男性の俳優さんの参加は、もびにとって初めてのことです。

人との距離感やコミュニケーションを他の人にとっても適当なものに保つことは、障害を持った人たちにとって、難しく感じられる場合があります。

今回、「演じる」ことは、「学ぶ」、「身につける」ための手段でした。

多くの基準を知ることや、さまざまな角度からの肯定を目指しているもびにとって、一つの基準や一般的な正しさ、適切さを全員でシェアしようとすることは、新しい学びそのものでした。

他の人と常識を共有していくこともまた、お互いに思いやり、心地よく過ごす、豊かな生活を目指すことである、と言えるのです。

それは、自分が何かに、窮屈に当てはまっていくような感覚とは、分けて考えなくてはならないのでしょう。

一方で、その人が多数からずれを生み出してく瞬間は、とても興味深く感じられるのです。
そして、それが豊かな感覚であることも、肯定していきたいのです。

考えることがたくさんありました。
[PR]